2017年04月10日

銀杏堂コーナー/紀伊国屋新宿店・恵文社バンビオ店

銀杏堂コーナーが紀伊国屋新宿店にできました。


1階の通路のところにあるショーケースにも



恵文社バンビオ店にも置いていただけているそうです。


2017年03月12日

銀杏堂コーナー/コーチャンフォー新川通り店

札幌市のコーチャンフォー新川通り店
銀杏堂コーナーできました!

coach4-1.jpg

2017年02月21日

銀杏堂コーナー/丸善&ジュンク堂札幌店・三省堂書店札幌店

丸善本店に続き、札幌でも銀杏堂コーナーを作ってくださいました。
大通りにある丸善&ジュンク堂札幌店と、JRタワーにある三省堂書店札幌店。
昨日設営してきました。

また、コーチャンフォー新川通店にも銀杏堂コーナーできる予定です。

丸善&ジュンク堂札幌店



三省堂書店札幌店

2017年01月27日

たましろ

昨年の暮れにオープンした「たましろ」。
「自然」をテーマにしたオーガニックのカフェです。
オープン前からお店に飾る絵を探されていたそうで、
2016年のFROM HOPE展に展示していた絵を気に入っていただき、
「たましろ」に飾ってくださいました。


手稲駅の近くです。
外観はこんな感じで、ななめに切り込んだ入り口と、
お店のロゴがとても素敵です。


店内は木を基調とした、シンプルで落ち着く空間です。
奥にあるストーブが見た目にもあたたかい。


コーヒーも食べ物も全てオーガニック。
そしてなにより、とってもおいしいのです。
体のすみずみまで行き渡って、心から大満足。
手前はポテトとオリーブのホットサンドイッチ。
奥はかぼちゃのロールケーキ。



ぜひ行ってみてください。

「たましろ」
手稲区手稲本町1条3丁目7の8
※お車は3台くらいまで店舗正面にとめられます

2016年12月18日

丸善丸の内本店 銀杏堂の棚


発売日の日に、丸善丸の内本店で銀杏堂のためにスペースをいただけたので
編集者さんと営業の方と一緒に設営してきました。

まるでプチ銀杏堂が出現したかのようになりました。

今回このために、「銀杏堂」に出て来るアイテムを制作してみました。


サバンナの逃げ水
本はわたしの私物です。
いちばん上の本は国立の銀杏書房で買いました。
下の2冊は父の本。実家にありました。

溶岩コーヒー
サボテンの樹液で、ずっしり重いです。

にしきごいのうろこ
手に持つと、ぱりんと割れそうです。

文字虫
びんの中にはちゃんと文字虫も入ってます。
さびているのでふたは開きませんが!

ぼたもちお手玉
この生地は祖母の残したふるい布です。
小皿の中は溶岩コーヒーと、その丸薬。

ひそかにこどももちゃんもいます。
これは以前、編集者さんと一緒に制作しました。
新宿にジュンク堂がまだあったころから児童書売場にいます。

 

ぜひ実物をごらんになってくださいね。


偕成社のFBにも記事がのっています。
偕成社 FaceBook

偕成社のHPはこちら。
偕成社

2016年12月14日

銀杏堂 本日発売

銀杏堂が今日から発売になります。
作・絵 橘 春香


歴史や思い出こそ、人生の宝になるんだよ
         ★

おばあさんが聞かせてくれたのは、
骨董品ひとつひとつに秘められた、すばらしい冒険物語!

にしきごいのうろこ、いなづまのかけら、サバンナの逃げ水など
・・・・骨董屋「銀杏堂」の女主人・高田さんの、14の冒険


                   ・・・帯より


丸善丸の内本店・児童書担当の兼森理恵さんが
すてきな感想をくださって、そのまま帯の言葉にさせていただきました。

なつかしくって、でも初めて感じる世界で、ひとつひとつ丁寧に、キャラメルの包みをはがすみたいにそっと開いては、ゆっくりと味わいました。夢のように不思議な心持ちになるけれど、いつか感じたことのあるリアルさ。ふと、小学生のころ『ノンちゃん雲に乗る』を読んだ感覚がよみがえりました。なんでだろう、って検証してたんだけど、大人がきちんと小さな子に生きていくうえでの大事なことを手渡してくれているところなのかなと思いました。


銀杏堂 もくじ

にしきごいのうろこ

いなづまのかけら

四葉のクローバー入りエメラルド

朝つゆのクモの巣ネックレス

親指のんだくれ猿

サバンナの逃げ水

絵のなかのスカーフ 前編

この世界のひみつのまきもの

絵のなかのスカーフ 後編

文字虫

すべての望みをかなえる羽ペン

溶岩コーヒー

南極サボテン

ぼたもちお手玉

エピローグ


これらの骨董のひとつでも、気になったり、ピンときた方は、
ぜひ、高田さんのあつめたとくべつな骨董にまつわる物語を味わってくださいませ。

2016年12月09日

MURMUR 「銀杏堂」 原画展の様子

発売よりもひとあし先の展示となった
MURMURでの原画展の写真が送られて来ました。




MURMURは、森の中の絵本がたくさんあるギャラリーです。

2016年11月29日

銀杏堂 作・絵 橘 春香 原画展


2016.12.14に、初めての長編童話「銀杏堂」が発売になります。

その原画展をえほんの家MURMURで開催いたします。


12月1日〜12月25日

会場:えほんの家MURMUR
会館時間:10:00~17:00
入館料:500円お飲み物付き(小学校入学前のお子さんは無料)
休館日:毎週火、水曜日(祝日は曜日に関わらず開館)

2016年09月17日

幼年期の終わり

FROM HOPE展へお越しいただいたみなさま、
どうもありがとうございました。

今年出品した絵
「幼年期の終わり」


2016年07月29日

チャリティ企画 FROM HOPE 〜絵本作家たちが描く”HOPE”展〜

今年で3回目になりますFROM HOPE展。
ますます充実の展覧会になりました。


Kita:Kara


8月6日にワークショップやります。