2019年02月28日

8年目の3.11

『8年目の3.11』展が旭川こども冨貴堂にて開催されています。

“東日本大震災から8年が経とうとしています。
それぞれの想いを作品とメッセージに込めました”

2019.2.23〜3.15
こども冨貴堂

参加作家

安部郁乃
かとうまふみ
桔梗智恵美
くりすいくこ
小寺卓矢
SETSULIKOV
橘春香
広谷妙子
堀川真
マット和子
三井ヤスシ



message.jpg


人間が地球上で生きていく上で、
地球にとっても人間にとっても
地球上のあらゆる生命にとっても
幸せな在り方をするために
指針となる心の状態、感情とは
どういうものだろう、と考えたとき
美しい花々や木や可愛い動物たちを見たときの
あの気持ちを基準にして生きれば
きっと人間が危うい方向へ走ってしまうことは
ないように思うのです。
その感情とは、言葉にすると
「慈しむ」がいちばん近いと思い、
あらためて辞書で引いてみると
語源は「うつくしむ」なのだそうです。
「うつくしむ」
美しい自然を見て感じるあの愛おしい気持ちに
ぴったりな気がしました。

gaikankodomo.jpg

tennaikodomo.jpg


tennaikodomo2.jpg


2018年12月09日

野見山睦未のsolo「韃靼海峡と蝶」

dattan2018.jpg

以前ジャケットの絵を描かせていただいた、Local Busの野見山睦未さんsoloの曲、「韃靼海峡と蝶」が配信されます。この曲は現在は販売停止中なので、この機会にぜひ!
大好きな名曲です。

2018年10月17日

絵本とわたし展 vol.4

絵本とわたし展 vol.4 に出品します。

ehontowatasi.jpg


2018年10月02日

ボンぼうや はじめて見る世界 原画展

20180925_2678603.jpg


10月の一ヶ月間、MURMURにて「ボンぼうや はじめて見る世界」の原画展をします。


詳しくはこちら

えほんの家 MURMUR

2018年08月29日

¿ボンぼうやBon Voyage?

「ボンぼうや はじめて見る世界」のイベントをします。




2018年08月24日

盲目のサロルンカムイ 画家の青年の真夜中 象の鼻テラス

「盲目のサロルンカムイ」横浜に舞い降ります。



「盲目のサロルンカムイ」〈画家の青年の真夜中〉

日時:2018年10月7日
   18:30開場 19:00開演

場所:象の鼻テラス
   https://www.zounohana.com

チケット:一般 3,500円
     小中高学生 2,000円
     CD付チケット 5,000円

     CD      2,000円

※未就学児入場不可

 サロルンカムイとはアイヌ語で〈湿原の神〉という意味で、丹頂鶴をさす。
現在では丹頂鶴は日本では北海道でしか見られなくなったが、江戸時代くらいまでは関東にも生息していた。

 迫りくる危機に絶望にとらわれたサロルンカムイが、盲目になることを選びながらも激しく美を求めて生きる姿を、鈴木明倫のダンスとDJEMP [ 茂呂剛伸/ジャンベ・縄文太鼓 & 福田ハジメ/作曲・ピアノ] の音楽が描き出す。

 この舞台は2017年札幌国際芸術祭連携企画で札幌時計台にて7日間連続で公演された。
同じテーマをパラレルに描いた7つの日替わりの演目で、1週間を通して一つのストーリーになる構成。
 好評を博し、今年春の札幌での再演を経て、今回は7つのストーリーのうちのひとつである「画家の青年の真夜中」が横浜にやってくる。

出演者プロフィール

鈴木明倫 ダンス

 劇場型DANCE STUDIO LoRe 代表。10歳より踊り始め、オールジャパン学生ダンス選手権全国大会コンセプト賞受賞やKING DANCE CONTEST FINAL準優勝など数々の大会で受賞を重ねる。龍谷学園高等学校ダンス授業特別講師。
 主な経歴として、テレビ朝日MステにSuperflyのバックダンサーとして出演、劇団千年王國「狼王ロボ」にロボ役として出演(TGR大賞、TGRオーディエンス賞、神谷演劇大賞 受賞作品)、歌舞伎俳優•市川猿之助主演「八岐大蛇」出演、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」東京•大阪公演出演(2011&2013)、香取慎吾主演「オーシャンズ11」出演、東宝ミュージカル「エリザベート」にトートダンサーとして全225公演出演(2015~2016)・韓国ソウルの「NEW DANCE FOR ASIA」&韓国コヤンの「GOYANG INTERNATIONAL DANCE FESTIVAL」に招聘され、作品「pitch」を発表、香港の国際ダンスフェス「Asia male contemporary dance show case episode7」に招聘され作品「KAMUIRU」を発表、等。

DJEMP(ジャンピ) 音楽

茂呂剛伸/ジャンベ・縄文太鼓
福田ハジメ/作曲・ピアノ

 ジャポニズムとアフリカンを融合した独自の演奏スタイルを持つ太鼓演奏家・茂呂剛伸と、世界を旅しながら現地との交流や記憶を構成主義的に作曲するピアノパフォーマー・福田ハジメの音楽デュオ。
2012年札幌コンサートホールKitaraにてデビュー公演と同時にCDリリースし、ドイツ、フランスでも発売される。全4枚のアルバム作品を制作。
2014年9月札幌国際芸術祭の連携企画で時計台にてバレエ、コンテンポラリーダンス、映像による空間演出と音楽を融合させた舞台「思考の響界」を制作。
2015年11月北海道立旭川美術館にて《道産子追憶之巻》へのオマージュ演奏を行う。
2016年8月新宿文化センターにてコンテンポラリーダンス作品「十戒」の作曲と演奏を行う。
2017年7月フランス パリ日本文化会館にて縄文太鼓展示会と演奏会を開催する。

2018年08月18日

ボンぼうや 朗読&トークイベント

「ボンぼうや はじめて見る世界」の発売を記念して
田中智康・石橋玲・兎ゆうの朗読家の3名による朗読&著者トークイベントを開催します。


2018年08月13日

「銀杏堂」夏休みすいせん図書

「銀杏堂」が夏休みのすいせん図書に選ばれました。
夏休みも後半ですね。
残りの毎日を楽しんでください。

2018年08月04日

ボンぼうや はじめて見る世界

bon_cover.jpg


新しい本が出ます!

ボンぼうや はじめて見る世界」
作・絵 橘 春香
PHP研究所
1600円

童話ですが、カラーの絵のページもたくさん入っている本になりました。
ぜひ読んでみてくださいね!

今週末から来週頭くらいには
本屋さんに並び始めます。

2018年07月29日

橘 春香 展 北海道銀行稚内支店ミニギャラリー

北海道銀行稚内支店ミニギャラリーにて
橘 春香 展を開催します。

「銀杏堂」・「こどももちゃん」の原画などを展示予定。

開催期間 2018.8/1~8/31


BIOGRAPHY

橘 春香
[ Haluka Tachibana ]
Illustrator 絵本作家
札幌生まれ横浜育ち。
1997年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業後フリーイラストレーターとして活動。

NEWS INDEX