2017年11月02日

毎年個展をさせていただいているMURMURでの展示。
今年は絵本作家であり大の仲良しのかとうまふみさんとの二人展です。

かとうまふみ・橘春香『11月の二人展』

2017.11.2~11.30
絵本の家MURMUR

まふみちゃんは絵本「おならおばけ」の原画を
わたしは舞台「盲目のサロルンカムイ」の原画を展示します。

パンフレットから一部を抜粋します。
クリックして拡大してごらんください。

絵・文 橘 春香
英訳 千葉 理英子













2017年09月07日

盲目のサロルンカムイ

札幌国際芸術祭2017連携事業
「盲目のサロルンカムイ」
という舞台に、絵と脚本で参加しています。



2017年08月03日

銀杏堂 未來屋書店 推薦図書

「銀杏堂」が未来屋書店2017推薦図書に選ばれました!
帯には感想文の書き方のヒントが。
夏休みにゆっくり読んでいただけたらうれしいです。

2017年07月31日

ERIKA Reflections


ジャズシンガーERIKAちゃんの今年出たアルバム「Reflections」
ジャケットのために絵を描きました。
ERIKAちゃんの暮らすN.Y.の反射光のイメージです。


ジャケットには使われていませんが
収録されている
moonlight butterflyのために描いた絵

2017年05月07日

五十音 銀杏堂原画展

ペンシルミユジアム ぎんざ 五十音にて
銀杏堂の原画展をいたします。

五十音は、ボールペンや鉛筆など
少し変わった文房具が集まる、
小さなお店です。
銀座4丁目にありながら
路地裏にあるので
なかなかたどり着くことが難しい
幻のような
もうそれだけで
物語に出て来そうなお店です。

とても小さなお店なので、
那須のMURMURでの原画展のように
全てを展示することはできず、
絵の点数は6点ほどになりますが
今回は展示期間中に2回ほど、
銀杏堂の編集を手がけた偕成社の矢作さんをお招きして
トークイベントを開きたいと思います。
限定5名様の小さな会です。
イベントというよりは、ただ集まって参加者のみなさんと
銀杏堂の感想や、それぞれ心の中の骨董についてなどおしゃべりする会です。

コーヒーと、chez anさんによる
銀杏堂特製お菓子つきです。
本の中に出て来る骨董がお菓子に!
どの骨董がお菓子になるのかは、お楽しみに。

トークイベントのお問い合わせ
ペンシルミユジアム ぎんざ 五十音

※ 絵を見るだけでしたらご予約は不要です。

2017年04月10日

銀杏堂コーナー/紀伊国屋新宿店・恵文社バンビオ店

銀杏堂コーナーが紀伊国屋新宿店にできました。


1階の通路のところにあるショーケースにも



恵文社バンビオ店にも置いていただけているそうです。


2017年03月12日

銀杏堂コーナー/コーチャンフォー新川通り店

札幌市のコーチャンフォー新川通り店
銀杏堂コーナーできました!

coach4-1.jpg

2017年02月21日

銀杏堂コーナー/丸善&ジュンク堂札幌店・三省堂書店札幌店

丸善本店に続き、札幌でも銀杏堂コーナーを作ってくださいました。
大通りにある丸善&ジュンク堂札幌店と、JRタワーにある三省堂書店札幌店。
昨日設営してきました。

また、コーチャンフォー新川通店にも銀杏堂コーナーできる予定です。

丸善&ジュンク堂札幌店



三省堂書店札幌店

2017年01月27日

たましろ

昨年の暮れにオープンした「たましろ」。
「自然」をテーマにしたオーガニックのカフェです。
オープン前からお店に飾る絵を探されていたそうで、
2016年のFROM HOPE展に展示していた絵を気に入っていただき、
「たましろ」に飾ってくださいました。


手稲駅の近くです。
外観はこんな感じで、ななめに切り込んだ入り口と、
お店のロゴがとても素敵です。


店内は木を基調とした、シンプルで落ち着く空間です。
奥にあるストーブが見た目にもあたたかい。


コーヒーも食べ物も全てオーガニック。
そしてなにより、とってもおいしいのです。
体のすみずみまで行き渡って、心から大満足。
手前はポテトとオリーブのホットサンドイッチ。
奥はかぼちゃのロールケーキ。



ぜひ行ってみてください。

「たましろ」
手稲区手稲本町1条3丁目7の8
※お車は3台くらいまで店舗正面にとめられます

2016年12月18日

丸善丸の内本店 銀杏堂の棚


発売日の日に、丸善丸の内本店で銀杏堂のためにスペースをいただけたので
編集者さんと営業の方と一緒に設営してきました。

まるでプチ銀杏堂が出現したかのようになりました。

今回このために、「銀杏堂」に出て来るアイテムを制作してみました。


サバンナの逃げ水
本はわたしの私物です。
いちばん上の本は国立の銀杏書房で買いました。
下の2冊は父の本。実家にありました。

溶岩コーヒー
サボテンの樹液で、ずっしり重いです。

にしきごいのうろこ
手に持つと、ぱりんと割れそうです。

文字虫
びんの中にはちゃんと文字虫も入ってます。
さびているのでふたは開きませんが!

ぼたもちお手玉
この生地は祖母の残したふるい布です。
小皿の中は溶岩コーヒーと、その丸薬。

ひそかにこどももちゃんもいます。
これは以前、編集者さんと一緒に制作しました。
新宿にジュンク堂がまだあったころから児童書売場にいます。

 

ぜひ実物をごらんになってくださいね。


偕成社のFBにも記事がのっています。
偕成社 FaceBook

偕成社のHPはこちら。
偕成社